一日葬のお葬式に関する特徴

ライフスタイルの変化により、お葬式にあまり費用をかけたくない、休日がなかなか取れないのでお葬式に時間をかけられないという方も多くなってきています。そういった時代を反映して様々なプランが登場してきています。その中でも儀式は行いながら、多少費用を抑えることができるのが一日葬です。このプランはどういった特徴があるのでしょうか。

一日葬では一般葬や家族葬で行う通夜が省略されています。ただ翌日に行われる告別式と火葬は行われます。そのため、1日でお葬式を終了させることが可能です。休日を取りにくいという方、また一般葬のために2日の休日を取ることが難しいという方でもお葬式に列席しやすい点が魅力となっています。

お葬式プランの中でも一日葬はお葬式の日数を短縮できる点が魅力ですが、費用の点では家族葬や一般葬よりも大きく抑えることはできません。ただ通夜の際の料理などはカットするため多少費用を抑えることができます。ただ実際に一日葬を選択する際には、いろんな葬儀社の中から実際にお葬式を依頼する葬儀社を選択することでより費用を低くしていくことができます。

一日葬よりももっと費用を抑えていきたいという場合には、火葬式を選択することになります。しかし火葬式では通夜や告別式といった儀式が行われないため注意が必要になります。儀式を省略することは避けたい場合には火葬式は適していません。一日葬は多少費用を抑えながらも儀式はきちんと行いたい、また1日でお葬式を終えたい方に適したプランだといえます。